MG 1/100 PLAN303E ディープストライカー その18

前回の続きから・・・

 

カットした

股部増加装甲ですが、

 

簡単な方法だと、タミヤ透明プラ棒3.0mm を

 

長さに合わせてカットして少し曲げて、2液式ボンドや、ホットボンドで固定します。

外側から見たら、こんな感じ。

裏にLED仕込むのも楽ですよね。

あとは、有機EL発光パイプとか、光ファイバー3φとか・・・

EL発光パイプは、殆どが AC100V 印加タイプなので配線が 超太くなるし、

そこだけ別配線を伸ばす必要性があるので却下。

光ファイバー3φが、側面全身発光でキレイかな~ってことで現在発注中。

あとはLEDシリコンチューブなどもありますが3φ程度のチューブがないんです。

 

 

ずいぶん飛んで、ブースターですが

左のパーツを後ハメするのに写真のようにカットしています。

 

ほんの少し広げるだけでスッと入ってくれるようになります。

白い牛乳タンクは、このあとで差し込めば固定できますので牛乳タンクも塗り分け可能です。

 

 

先に作った全体像確認用のPLAN-303Eと、進行中のご依頼品。

 

圧倒的じゃないか、我が軍はw

 

 

ご依頼品はキットのものから前傾させて固定していますので、

正面から見て増加装甲の角度がこれだけ違います。

メガ粒子砲が固定なので大砲自体も角度が変わってしまうことを忘れていたのが失敗か?

 

 

押し入れがエライことに・・・

 

圧倒的ジャマイカ、我が軍は(笑)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください