WSC エンゲージSR1 Final

前回、予告したとおりエンゲージSR1とポコちゃん1号 最終回です。

まずはエンゲージSR1からです。

 

画像をクリックすると大きな写真で少しシャープな画像になります。

 

結局、イラスト準拠のポーズで立たせたのが唯一の後悔ですが

一番キリッと見えるポーズなのは間違いないかと・・・。

 

特別、ここをこうした!という作業はしていませんが パーツの合いの悪いところは

パテなどを使って形状出ししてから組み直しています。

 

本体メインカラーの白はガイアノーツさんのEx-ホワイトをベースにウルトラマリンブルーを混ぜて少しだけ青めに引っ張りました。

 

その上で微量ですがブルーパール+パープルパールを各パーツの面ごとに少量吹いて

光の加減で「面」を強調できるように塗装してあります。

 

エンゲージSR1にはスタビライザーがよく似合うと思うんです。

なので自分好みにスタビを取り外し可能で差し込み固定してあります。

 

ハスハのマークは金色ではなくコミックス12巻でマギーさんが言ってた「ハスハイエロー」

 

最近、自分の作るMHではいつもの工作になってきた眼球のメタルボール置き換え。

光の加減でわずかに眼球部分が集光して輝きます。

 

 

発売開始以来、FSSマニアの絶賛を受け続けた名機 WSCエンゲージSR1 完成しました。

 

 

 

総括

WSCエンゲージSR1、ボークスHSGK版と比較して僅かにマッチョですが各部のエッジや

パーツ点数の割りに手の込んだ細かな再現など、マニアが絶賛するだけのことはあるな~と、

実感しました。その分、WSCらしい難易度で苦しみました(笑)。

股関節を前に突き出して脚部を反らせてバランスを取ればきれいに立ちますが、

素立ちのポーズとして見ればあまりにかっこ悪く思えて、敢えて少しだけ腰を引いて

股間を強調しないように立たせてみました。

もともとは腹部蛇腹パーツのひねりを、キャストパーツの湯煎で再現できないか?という

私個人の実験で始めた製作でした。

斬りつける印象のポーズを頭に描いていましたが自分の技量不足でイメージを再現できず、

安直なポーズで纏めたのが少し心残りです。

製作中盤以降は嫁入りも決まり、そこからは「気に入ってもらえるように」と考えを改め

私個人の趣味から、いつもの製作パターンに進路変更して出来上がったSR1です。

 

気に入っていただければ嬉しいと思っています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です