GK版とプラモ版 エルガイム Mk-2 その9

次回から塗装に入る状況ですが・・・。

 

まずは

全長40cmを超えるバスターランチャー。

コレがすごかった(笑)

 

接着したら見えなくなる弾倉装填部の細かいモールド群。

で、

スライドレバーが、完全にスライドギミック仕様になってるんです。

次弾装填部に相当する部品を組んでいくと・・・

 

レバーのスライドで

次弾装填ギミック部分が、ほぼ無加工で作動するんです(笑)

但し、接着が少しでもズレると動きませんし、1パーツだけ省く必要があるんですけどね・・。

 

肩部バインダー  コレも25cm超えの長さを誇る大物です・・・。

 

腕周辺。なんて言ったらいいのか・・・(笑) 三( ゚Д゚)ス、スゲー! と、一人で感動していました。

 

背面バインダー この四角いブロックの中に

 

偏向フィンまで取り付くんですよ。 三( ゚Д゚)ス、スゲー!

 

ビュイ   ちっちゃ。  マジで老眼にはツラい。

 

R3版のほうが小さいんですがディテールはGK版のほうが細かい。

ただね・・・、胸の中に入らないんですよ、大きくて(笑)

 

 

そんなこんなで、下地塗装できる状況に漸く成ったわけですが・・・

 

消費税の増税という、『大人の事情』で 1~2週間のインターバルをいただきます。

 

この間、インターミッションとして・・・

 

これらの下地を作っておく必要が出てきたのです。

保存期間が、超短い高額塗料を『消費税 増税前』に購入しておかなければならないので(笑)

エルガイム終了後、直ちにそちらにコマを進められるよう下準備時間をください。

 

GK版エルガイムのオーナーさんは、私が何をしようとしているのか1枚の写真だけで

理解できたと思います(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください