GK版とプラモ版 エルガイム Mk-2 その15

昨年来、連続している長モノ地獄

 

GK版エルガイムMk-2の「バスターランチャー」塗り分け塗装中。

今更、砲身と中間部の色が逆だったら バスターランチャーがもう少し細長く見えたか?

と、ちょっとだけ後悔している。

 

 

本当に細かいモールドが満載で、塗装中のマスキングが厄介でした。

 

その9 で書いた、

 

上手くいけば、「スライドギミック」がGK版でも可能な件。

なんとか、スリ合わせと 接着部分の面積 という問題をクリヤーして再現できました。

そ~っと動かせば装填ギミックが可動します。ただし中のパイプ形状パーツはオミット。

じっくり覗き込まない限り、ほとんど見えないし・・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください