WAVE 1/144 クロス・ミラージュ雌型 その3(最終回)

AUGE進行の合間に、少し遅れて開始し始めた

WAVE1/144 クロス・ミラージュ雌型『電気騎士伝説仕様』ですが

紹介内容がほとんどないまま終了になります。

もともと割と部品点数の少ない1/144 GK ですので
処理内容に関しては、特筆するところがなかったので長らく省いてきました。

 

まずは 完成品から

 

HJ別冊の『電気騎士伝説』に在ったWAVE1/144 完成品の
ほぼレプリカに近い感じです。

あの誌面のカラーリングは私の記憶では、あの作例以外みていないのですが
永野氏の描画は常に生きていて、仕様変更がよくある事なので
かっこよければ全ておK!な感じです(笑)

 

永野氏が描かれたこのカラーリングのクロスでは太ももなどに
グリーンを配したクロスがあります。
が、このカラーリングの方が個人的に好きです。

 


電気騎士伝説の写真をモチーフにしていますので
完全セミフラットに仕上げました。

 


前回、ご尊顔をアップした後、お客様からご要望があった
顔の一部変更(睫毛・瞳の色)を再度修正してから初のアップになります。

 

睫毛に関しては、最初わざと省いたんですよね(笑)
5巻にクロスのアップがありますが、
アレは「紺色ベースのクロス」という認識を持っておりましたので
別機体であると考えていました。

 

プラス
フェイスパーツがホワイトメタルの塊で、まつげ用の細いミゾを
入れる事が堅くて出来なかったから・・・。

 

まぁ・・・頑張りました。
と同時に、フェイス完全塗り直しです。

 

 
シザースベイルは、開閉可能にしてあります。

遊び心です。

閉時には、(武器であるハサミ)鋭利な刃物である事が目立たないように黒系のメタリックで、

開時には、敵の首を一瞬で打ち落とせる輝度の高いシルバーで

という風に塗り分けました。

 

と同時に、


ベイルそのものをボールジョイント接続にして支持角を変更できるようにしてあります。
お客様の飾り棚スペースに合わせての配慮のつもりです。

 

右手首はポリキャップで外せるようにしてあります。
これは輸送時や、収納時のことを考えての加工です。

 

 
他のミラージュに比べてシンプルでいいですね~、な 背面

 


WAVE1/144 クロス・ミラージュ 完成です。

 

 

クロス独り言

 

私の個人的な考えですが
クロスミラージュはサイレンとネプチューンのような関係だと思っています。
武装や外装を、戦闘時の状況や展開でA型やD型のように
バリエーション展開するサイレンの、軽量化チューンとして
ネイキッド版のネプチューンが存在します。
しかもエンジンがピーキーになっているとか・・・

 

ご存じの通り、クロスも全く同様です。
B型ミラージュ(L.E.D)はフレイムユニットや軽装版など戦時展開如何で
複数のバリエーションを持っています。
その軽量化版としてパワーバンドを狭く、ピーキーにした
扱いにくさNo.1の騎体として存在するのがクロス。

 

きっと、どこの国家のMHマイスターも同じような考え方をしたんでしょうね。

 

WAVE1/144のクロスですが、部品点数は少なくていいですが
作りやすさっていう点では初期のモデルという事もあって
上級者向きですね。

 

正直苦戦しました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください