WSC ヤクトミラージュ その8

スケキヨは賛否両論でした(笑)

まぁ、お客様からの預かり物で遊んだのは

ショウジキ  ( ゚ Д゚ )   スマンカッタ    と思います。

 

肩周辺、パーツ数が多くて しかもそれぞれが「一個塊」のブロックで

ついでに書くと、ご依頼で送られてきたヤクトは型の段差が大きくて

わりと難儀しています。

 

イレイザーエンジンに戻って、「合い」の調整中。

パイプ類の位置合わせなんて未だまだ先の話ですね、こりゃ。

 

こんなところにキャストの段差ができるの。(エポパテ盛りつけ後)

 

ここはキャストが流れ込んでいなくて足りなかったの。(エポパテ盛りつけ後)

 

ついでに合わせ目を消している まっ最中。

 

置き場所に困り始める。

 

 

で、 ヤクトミラージュの「緑」って?って話になりますが、

過去にこの壮大な造形物を作られた偉大な先人たちの作品を見るにつけ

余計に悩みます。

ご依頼主様からのカラー依頼があります。

WSCで製作された展示品のグリーンが印象が良かったので・・・・

 

わかります。あのグリーンですよね・・・。

 

わかるんですけど・・・

 

と思いながら

 

とりあえずイメージしていた色を試し吹きしてみる。

 

一番左、私のイメージは「GSIクレオス ロシアングリーン1」 なんです。

もしくはガンダムカラー グリーン2 (←私が勝手に命名した家に先祖代々伝わるザク用の混色)

 

まぁ、 やってみるさ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください