WSC ヤクトミラージュ その15

塗り分け塗装中

とても大きなヤクトミラージュは、部品点数を減らすために

パーツの細かい部分を「入りくんだ」ディテールで再現してくださっていますが

いざ塗装となると、細かく再現されたパーツの分割マスキングで泣きます。

 

まだまだ太腿の途中ですが

もともとの永野先生のイラスト見ると、わずかに緑系に振ったグレーが

フレームのメインカラーで、そのまま単色ブワーッっとやってしまってもよかったんですが

モノが大きいし、この入り組んだパーツが完成後も結構目立って見えるので

明るい金銀系を使わずに、フレーム色同様の地味な感じで塗り分け中です。

真ん中の足首ガードは、ほんの少しくすんだ白にパール載せてます。

 

腰フレームと腹部蛇腹フレーム

腰基部も少しだけ塗り分けしていますが、およそ永野氏のイラストに準じて

メインフレームカラーのままです。

胸部~頸部パーツは、塗り分けを考えていると 見ているだけで発狂しそうです(笑)

 

ドボ~ン前提で、腰後部のカウンターウェイトをグリーンに塗装してみました。

ヤクトミラージュの緑、私のイメージは「サンダーバード2号」的な緑色でしたが

ご依頼主様の希望がそれより少し黄緑に振った感じの印象で・・・実際、

WF会場などで展示されたWSCさんの完成見本の写真がイメージ(依頼時に添付されてきた画像)

とのことで

急遽、製作前に用意していた緑を全て廃して、新規にイメージに近いであろうと思われる

グリーンを用意しました。

 

光の当たり方なんでしょうか、個人的にはもう少し濃いグリーンに振ったほうが良いか?

とも思うのですが・・・まぁ、もう少し詰めてみます。

太腿の固定用軸打ちがスゴいです(笑)

上半身の重さを見越して、2mmを2本、3mmを1本 です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください