WSC ヤクトミラージュ その32 ~Finale~

お預かりしてから完成までお時間を頂きました。

ヤクトミラージュ、完成しました。

写真はクリックすると少し大きく見ることが出来ます。

 

ベイルを含めると全高で60cmを超えます。幅はベースが45cmですがベイルがはみ出します。

と、言うより『押し入れ改撮影ブース』がコレほど圧迫されるとは思いませんでした(笑)

 

今まで幾つもの FSS GK を作ってきましたが、1/100でこの存在感は圧巻です。

 

 

『ズン!・・・』

 

 

もうね。肩周辺パーツのゴチャゴチャ感はすごいですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、肩の動力チューブが外れてる・・・orz ………

 

写真も説明も忘れていましたが「エジェクター」3つ、作ってます。

ウッカリモノ デ (´Д`;) ゴメンナサイゴメンナサイ

 

 

 

ー 総括 ー

まずはお礼から。

1/32 L.E.D. Mirage Bust-UP MODEL の時にも想ったんですが、モデラー冥利に尽きます。

作らせていただけて依頼主様には本当に感謝です。
キットは、もう20年ほど前のものですが当時の傑作キットであると断言できます。

ただ・・・「一筋縄ではいかない難物」なのも付け加えて置かなければいけないのですが・・・。

パーツのヒケ、バリ、気泡、段差、歪み等どれをとってもハイレベルな面倒臭さです(笑)

製作する人は頑張りましょう!

 

今回の依頼品は、ストレート工作で特に際立った加工はしていません。

・マイブームの、おメメ金属球差し替え

・輸送を考慮して、上・下半身を分離可能なように希土磁石+金属線での合体で非接着固定

・いつもの『出来るだけ本来のイメージを崩さず』に塗り分け

程度です。

配達しなくてはならないだろうと、製作当初から推測できたので

「輸送(移送)を考慮して」上半身分離、ベイル分離、スタビライザーと実剣は取り外し可能です。

 

厄介だったのは ヤクトミラージュのイメージを決定づけるグリーンの調色と、その必要量です。

コレだけの大物故に、塗料が足りなくなって途中で色違いとなるような失敗を生じないように

最初に作った塗料の量は1/32胸像を超えました(笑)

実際、補修用程度しか余らなかったので作っておいてよかったです。

 

兎にも角にも

 

私イメージで完成しました。

お待たせしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください