バッシュの本体色について自己分析してみた

バッシュ・ザ・ブラックナイト

 

『黒騎士』
生体型演算器ファティマ・エストのみに与えられた 唯一絶対の決定権。
エストとバッシュ・ザ・ブラックナイトのシンクロナイズドフラッターSystemを
最高の状態で発揮出来る騎士にのみ与えられる銘。

 

エストと黒騎士の駆るモーターヘッド
バッシュ・ザ・ブラックナイト は
その名の通り、黒のMH としてあまりに有名。

 

なのですが。

 

重戦機エルガイム内のバッシュはブルー。
ファイブスター物語第1巻の5代目バッシュは濃いグレー

 

ナイトフラグスほか、魔導大戦公開前に発表された
デコース・ワイズメルが使用する『バッシュ重装甲版』の絵は
なんかね~・・・くすんだ超濃い紫?

vtbk1.jpg

 

現在製作中のボークスIMSキットの同社作例・箱絵はブルーパール系?
20110119_1593666.jpgims002_i.jpg

 

Google で画像検索かけたら、ツヤありツヤ消し含め
色々な色のバッシュが・・・。

 

で、今回の製作に当たって自己解釈したバッシュ。

バッシュ・ザ・ブラックナイトはその装甲イメージも含め
日本の戦国武将の鎧が自分の頭の中にあります。

そして、バッシュ本体も銘を受けた黒騎士もサムライ。

でも、大名様お抱えの侍ではなく「野武士」。

しかも並大抵では無く上から数えた方が速い「武士の強さ」を誇るサムライ。

 

ただ上泉信綱や伊藤一刀斎ら剣聖の強さを知り
直接、対峙する事はけしてせず己の強さを己自身が、十分知り得た剣豪

例えるなら 「宮本武蔵」

なイメージ。

野武士とはいえ 「汚れて」無く「カブキモノや派手」でもなく
純粋に強さを信じ、強さを知り、強さに憧れた 5人の黒騎士
で、その5人はそれぞれ宮本武蔵が書き残した
「五輪書」
に相当するのではないかな~なんて想像したりするのです。

 

漆黒では無い「黒」で 派手では無く、決して薄汚くも無く。

 

そんな風にバッシュ本体をイメージしたときに出来たのが
ツヤありとツヤ無しの表裏を備え、あでやかではないが
武士の美しさと強さを表した色の表現 として
今回の製作色が決まりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください