IMS L.E.D.ミラージュ その1

インストラクションとにらめっこし続けた結果

 

後半のフレイムランチャー周辺から進めます。

 

その理由

 

言い訳その い~ち!

ご依頼いただいたキットの脚部関節は可動優先でとのお話でした。
ならば背中にどのくらいの重量物を背負うのか確認したかった。

 

言い訳そのにぃ~!

騎体から先に作ると達成感でグダグダに・・・
ゴ━━(#゚Д゚)=○)゚Д)グハァ、;’.・━━━ルァ!!!

 

なので先に面倒くさい部分オプションから作っておきたいと。

 

で、


フレイムタンクユニットのメインフレーム(ワケワカラン

 


L.E.D本体との接続部分

 


燃料タンクらしき物体

 


と、そのガワ

 


仮組み~。

 


インスト見ていて 気になったわかりにくい接続部その1
真ん中の小さなユニットとか本体との接続ジョイントの歯とか

 


本体との接続ジョイントは強度が何となく不安だったので
真鍮線を1本入れました。(仮)

 

塗装派の人は、パーツというか ユニットごとに塗り分けできます。

 

 

ここまで仮組みして、外装の脱着はとても難しいと理解しました ○| ̄|_

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください