IMS L.E.D.ミラージュ その11

MS L.E.D. の進捗状況です。

 

オプション側のランナーは全て消化しました。

 

考え方一つですが、MG Ex-S より全然楽です(笑)

 


見えなくなるので塗装しなくても(・∀・)イイ!! ンですよ、たぶん。
ざっと、大雑把に塗装してマスキングして仕上げていきます。

 

悩み中なのが赤い透明ランナーのこれ。

ベイルに着く一番大きいのは裏からスパッツステックス吹いてから
黒を裏打ちしました。

 

が。
インジェクションキットの金型の打ち出し跡がどうしても残る。
かなり削って消したんですが・・・。
打ち出し跡を目立たなくするには表側から赤を塗るしかないですね。
なんで半透明じゃなくって透明ランナーなんだ?
初心者の皆さんは気をつけてくださいね。
折れやすいし、少し曲げただけで変色して「涙」流しますよ。

 


塗装乾燥中

 

お客様の依頼内容に
・出来れば軽装版とのコンパチ希望
という無理難題がありました。

ので、本当にやりきれるかどうかわかりませんが

 

とりあえず


腰ランナーパーツの取捨選択パーツ(本来は接着部位)を
取り外し換装可能な状態にしようと画策

 

フレイムユニット支持用の腰外装パーツに2mmアルミ線を固定し
腰のモナカパーツ側に2mmポリキャップを薄く加工して挟み込んで固定します。


腰パーツは向こうが透けるギリギリまで削り込みました。

 


こんな風に固定されます。

本来の接着ミゾ+アルミ棒の支持部でかなり頑丈です。

 

但し、キットには存在しない貫通穴がひとつ出来ちゃいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください