IMS L.E.D.ミラージュ その13

フレイムユニットの外装を取り外し式に変更する方法が全く思いつかない

 

というか・・・

 

ムリゲーでしょ?

 

まずフレイムユニットの排気管を外さないと取り外し不可能な外装があります。

 

ちょっとでもチカラの入れ方をミスるとポリパテの部分で
「ポキツ」っと逝っちゃいます。

 

で、

丸いタンクだけでも外せるようにと考えたんですが

 

この太いダクト+細い配管+それにつながる基部が
先ほどの取り外し不可能な外装に重なっているんですよね。

 

しかも


丸いタンク外すにはこのパーツのせいで
配管を全部外さないといけないようになる・・・。

 

正直、自分ではあきらめモードです。
一部切断とかそういう手法を用いても良いなら
幾何かの方法はありますが・・・。

これに関しては、ここを見た依頼人様のご意向にお任せします。
「何を言っているのかね?」
「3分間待ってやる。」と
仰せになるなら、もう一箱のパーツを使って一部作り直しで
頑張る所存です(笑)

『全部、某楠の設計がぁ』 と逃避。

 

メーカーサイドと云えば


この赤い部分、デカールつかないんですかね?

塗装派は“塗れば済む”けど、未塗装派のユーザーはここ白落としですか?

 


シルバーにはガイアノーツさんのExシルバーを使用しました。

ここ、組み立ての時にペタペタ触るでしょうから、
上からクリヤー載せても塗膜が強くてヘコたれない
鮮やか発色のシルバーってことでExシルバーに決定。

 

Exシルバー、相変わらず良い発色です。
粒子感が少し大きいので1/100キットには使いにくいカラーです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください