IMS L.E.D.ミラージュ その24

自爆した難所を過ぎたので、気がラクになって

サクサクっと進めていたので、写真を忘れていました。

 

腰装甲の留め具を少々

 


腰の装甲を本体側に留めるM-20とM-17ですが

 

 
M-20(M-21)は前装甲・側面装甲に、M-17は背面装甲までの六枚全てに使います。

 

が、そのまま組むと 結構「すき間」空きません?

見えない部分なので、そのまま気にせず接着しちゃうのも有りなんですが


例えば前面装甲のM-17は、


先端の重なって嵌まりきらない部分を少しだけヤスってやると
すんなり嵌まります。

 

 
M-20の回り込む部分を少し指で曲げてやると浮きを押さえることが出来ます。
(白くなっている部分)

 


裏面の小さな四角凹を少しカッターなどで広げてやるとすんなり嵌まるようになります。

 


側面装甲も同様です。
M-17の「くの字」部分の曲がりが浅いので、ちょっときつく曲げてやります。

 


M-17の「くの字」部分とM-20側との位置合わせダボ(一番左の小さな突起)ですが
曲がりが浅い+位置合わせダボが邪魔 なので

 


ダボは落として、曲げを付けて、装甲パーツ側につけたときに
隙間がないように接着した方が接着面積も増えて強度も増します。

 

接着面積ぇ・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください