IMS L.E.D.ミラージュ その31

あぁ・・・あと2~3回で終わるかな・・。

 

デカール貼りを終えて
デカールの上から保護および段差消しの為のクリヤーを塗装。
クリヤーの乾燥後、研ぎ出しをして現在に至る。

 

こんな感じです。

デカールを貼っただけでは段差が目立ちます。
デカールの厚みで生じる段差を消した方がきれいに見えます。

 


無理して研ぎ出しをして、限定モデルのデカールを傷つけたり
塗膜を傷つけたりしたくはないので軽くヤスリを当てています。

 

これで後はウレタン塗装していけば完成ですね。

 

今の机の上


パーツのチェック中でえらいことです・・・。

 

当然、浮気モデリングが出来ません(笑)

 

今日の本体さん


色々と悩んだ結果、フレイムタンクユニットを背負った際に
グラグラしないように位置決めをしてから
一部の目立たない場所にエポパテを充填して半固定しています。

写真は、そのエポパテの硬化待ち状態です。

 

ちなみに背面タンクは取り外し可能です。ガタ消しみたいなもんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください