ボークス IMS 1/100 破烈の人形 その1

「the BANG  ~破烈の人形~」 でございます。

 

今回の製作はご依頼主様より現在再販品すら売り切れたキットを
なぜかお持ちで・・・

しかもご依頼主様はこちらを
|д゜)チラッ  (/ω・\)チラッ と見ながら 1/32 ○○○胸像を ・・・

 

ご依頼主様から 今回の唯一のお願いとして
「テカテカツヤありでね~w」ってことで、あとはお任せ仕様ですので
関節周りを中心に少し手を加えつつ、造っていきます。

 

今回 第1回は 恒例の

the BANG とは

クバルカン法国のシンボルMH。
FSS世界での3大MHの一つ。

MHマイトは
基本設計をスイート・ワーナー、
チューニングを、サイレン・バッシュ製作のルミラン・クロスビン、
ファティマコントロール部分をクローム・バランシェが担当
という、

各自ソロでも超売れっ子のアイドルが
3人ユニット組んで開発したっていう反則ワザ。

2600年代から3200年代までの600年間に数騎製作とされている。
正式名称はS.S.I.クバルカン
SCHOLTI Super Immortal KUBALKANS 永遠不滅のクバルカン

 

通常非公開、しかも1時代に5騎ほどしか配備されないという
とてつもなくレアなシロモノで、常人では目にすることがないMH。

最も情報が高く売れるMHでもあるという。
そのように最高機密であるにもかかわらず、サイレン、Aトール、
バッシュ、ミラージュマシンはみなバングをモデルに製作された・・・らしい。

 

また移送・カモフラージュ用の変形機能を持つ。
第3話ミューズ・レイバック枢機卿に駆られて初登場。
その際にFSSで初めて変形したMHとなった。

第3話でアイシャを救うべくテレポート、イラーのアシュラテンプルを撃破する。
9巻 第5話エピソード4のボードの回想シーンでも登場。
ファティマ開発用にバランシェの家に置いてあった騎体が登場している。

 

ミューズの駆るバングは、アルテン・サヤステがかつて「SIZZ」と共に使った騎体。
(ミューズは、MHもファティマも中古か!?)

ノンナ・ストラウス の「カーディナル・バング」(朱のバング)
も機体形状はほぼ同じと思われる。

恒例の金型離型材はがしの洗浄中です。
バッシュより細いパーツが多いので、そういったところに気を遣います。

実際の製作は明日以降!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください