A-TOLL ちょっと小咄

今回、IMS1/144 A-TOLL を製作させていただいていますが

A-TOLLって(というかFSSのMH全部ですが…)、

ガンダムのように細かい部分の設定が

「ここは、こうなってます。」って云うのが無いからか、

原型師の方々の解釈で、いろいろと形状が異なっていて面白いですね。

丁度、手元にお預かり中(←早く作れよ…orz)のWSCさんの A-TOLLがあるのですが

胸部の解釈も、肩周辺の多重装甲の重ね方も、また その多重装甲の形状さえも

異なっていて、更にそれを「おっけぇ~!」って認可する永野氏も面白いなぁ~。

って見てしまいます。

実際、自分も「電気騎士伝説」や、過去の作例が載った記事を見ていて

塗装の色合いも各パーツの解釈もそれぞれ違うのが

逆にFSSのMHの楽しみ方の一つだな~、なんて思います。

 

ガンダムだと多少の形状誤差はありますが、大まかな作りはバンダイさん一手ということも有って

ほとんど決定稿みたいなところがありますが、

MHは、その部分が本当に良い意味で緩いので

例えばWSCの生嶋氏原型の○○が形状が素晴らしいとか、

いやいや~、そのキットは谷明氏のほうが!とか

シリトラ西山氏の○○も捨てられないぞ~ぉ!とか、

ガンダムでは味わえない楽しみ方が有って良いなぁと、つくづく最近思います(笑)

 

そんなFSSのMHを1/144模型化するにあたって、肩周辺をプラキットで作る事ができるようにする

という命題の元、それに合わせた新解釈で肩周辺をカッコイイ可動で纏めたボークスさんに

お世辞ではなく称賛の声をかけたいです。

いや、ホント、カッコイイし(あの多重装甲で、それなりに)よく動くし。

確かに初心者向きじゃないかもしれませんが、

ある意味、ボークス設計陣の可動キット化への執念を見ました(笑)

 

正直、もうちょっとっ…て所は、たくさん有ります。

でもガンプラの「実は、ここはこうでした~!」みたいな後付け設定じゃなくって

永野先生の数枚の絵を解釈して、ここまで可動するプラキットで

メーカーさんが出すなんて、ほんとうに頭が上がりません。

 

これからが楽しみです。

スプートニク・ブーレイ(旧ブーレイ)とか、サイレンとか、デボンシャとか、ベルリンとか

日が当たらないMHの模型化も楽しみです。

 

そろそろバングのVer.違いとか、レーダー陛下のサイレン・ネプチューンとかも( ゚Д゚)ホスィですよね。

そう出来るようにランナー配置してるのに気づいていないとお思いか、ボークスさん(笑)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください